User Local 無料RT(リツイート)分析ツールの使い方や活用方法、機能性

ws000525

 

 

ツイッターのアカウントURLを解析欄に入力することで、リツイートされた経路、数、アカウント名、を全て視覚的に抽出してくれます。サンプルアカウントでログインすると下記のようなログイン画面になります。

 

ws000526

 

このアカウントの周りで、”レディー・ガガが着物姿で「スマスマ」に出演”という記事がRT数が多かったので、拡散を見るボタンにて調査をかけました。すると下記のようにどこから始まってどのように拡散されていったのかを視覚的に調査することが出来ます。

 

ws000527

 

拡大・縮小を自在に出来て、一人一人のアカウント名までしっかりと分かります。そして、アイコンをクリックするとその人のアカウント画面に移動することが出来ます。

 

ws000528

 

いつ・誰が・どの時間帯にツイートして、どのような経路でリツイートが拡散していったかが視覚的に分かる「無料RT分析ツール」ですが、直近1週間分のツイートしか解析してくれないので、「そういえば1年前に爆当たりしたリツイートを解析してみよう」と思っても、直近1週間でツイートされていなければ真っ白なページが表示されるだけなので注意が必要です。

 

投稿の拡散具合を把握することでバイラルマーケティングのヒントを得ることができそうですね。ユーザーローカルによると、500リツイート以上の調査では正確に表示されない場合もあるとのこと。

 

このツールの有効的な活用方法は、拡散元を見ることが重要となります。ただ、拡散するアカウントを見て、もともと影響力が強いツイートの場合が多いのですが、中には、リツイート数がそこまで多くないのに、拡散されたツイートもあります。

 

そういうのを参考にしたり、元も影響力があるアカウントのツイートから、更に拡散させている2次拡散者を参考にする等、視覚データから何を発見して、自分ならどのような行動に活かすのかを考慮することで、違った角度から学ぶことが出来ますね。

 

有料のツイッターツールを所持していたとしても、この無料のツイッターツールは活用・用途があるツイッターツールになるかと思います。

 

 

サイトURL: http://rt.nakanohito.jp/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ