Manage Flitter(マネッジフィルター)の使い方や活用方法、機能性

ws000502

 

 

このツールはツイッターアカウントを一元化してまとめてくれて、手動でアンフォローを行うことが出来るツールになります。手動ですが、まとまっているので、ワンクリックで次々とアンフォローすることが出来ます。アンフォローする無料ツールの中では、かなりの人が活用しているツールになります。

 

やり方としては、ログイン認証後の画面にて、左上の「Manage」を押すと、下記の画面になります。そこに出てくるアカウントの左にある、アンフォローボタンをワンクリックするだけで、アンフォローとなります。

 

ws000503

 

他にも、アカウントの検索だったり、投稿の解析が出来たり、ツイッターでの人気のあるコンテンツの配信をしてくれる等機能がありますが、無料版ですと、だいたいが制限されてしまいます。

 

なので、主にこのツールはアンフォローを効率的に行い時に活用するべきですね。

 

ManageFlitter利用の注意点

「ManageFlitterを活用して凍結された」って人がいるのですが、これは、ManageFlitterを使ったから凍結したのではなく、ManageFlitterの使い方を誤ったので、凍結されたケースがほとんどです。どのような使い方が凍結を偶発する恐れがあるのかを解説していきます。

 

まず、ManageFlitterを活用する際に、一度にアンフォローをしすぎると、危険があります。このツールでは、1日に100人のアンフォローを可能としますが、このような使い方をしているということは、Twitterを理解していないことがわかります。1日に100人のアンフォロー等行ってしまっていたら、ツイッターで商用目的で利用していることを自己申告しているのと相違ありません。

 

どのツールを利用するときにも言えますが、ツイッターを利用している一般ユーザーの気持ちを理解することで、凍結の対策を自然とわかるかと思います。ツイッター運営は、繋がりの場として利用して欲しいのです。

 

ManageFlitterでアンフォローする際には、1日に100人アンフォローするとしても、1日に時間を分けてアンフォローすることが安全になります。

 

サイトURL: https://manageflitter.com/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ