Twitterで凍結されてしまう1日のフォローの上限数と具体的な目安

Twitter集客する場合、フォロワー数を増やしていくために重要なこととは、フォローして自分にフォローを返してもらえるかどうかだと思います。このフォロー返しが目的の為に1日に多くのフォローをしていく必要があります。

 

Twitterで集客してビジネスに繋げるのでしたら、かなり基本的な行動になることかと思います。では、「フォロする数を多くすればいいんだ!」って思い、いきなり1日に100フォロー等する行為は、実はかなり危険なことなのです。

 

上記のように過剰なフォローをしてしまうと、スパムとして判定されてしまいTwitterアカウントが凍結されてしまうのです。では、1日にどのくらいのフォロ数が適切なのかをこの記事では解説していきます。

 

まず、Twitter側で1日にフォロする事が出来る規定数等の公表はしていないので、あくまでも参考程度とお考え下さい。私の経験と多くのマニュアルや教材から共通的に言われていることをまとめて紹介していきます。

 

まず、Twitterアカウントの年齢やフォロワー数にかなり一存するところが多いのですが、Twitterアカウント初期段階では、1日にフォロ‐数は20以内に抑えるおとが重要となります。

 

ほとんどのTwitterツールやマニュアルでも、そのように設定されており、私が個人的に最初からフォロ数を60人設定したら、凍結されてしまったことがあります。そういう点を踏まえて、20人、少し冒険をするなら30人くらいが適正かと考えております。40人くらいのフォローも可能かもしれませんが、Twitterの規制ルールは年々厳しくなっている傾向がありますので、20人が安全圏と言えますね。

 

上記でもいいましたが、Twitterアカウントのフォロワー数にも大きな影響があります。例えば、フォロワー数300人のアカウントが1日のフォローする数が100人なのと、フォロワー数10人のアカウントがフォロ―する数が100人では、全然状況が違ってきます。

 

フォロワー数300人のアカウントが1日のフォローする数が100人の場合、アカウントが育っているのでまだ安全性が高いです。そして、フォロワー数10人のアカウントの場合、まだ育っていないのでスパム判定とされてしまう可能性が高くなるのです。つまり、自分のアカウントの状況に応じて活動制限を定める必要があるのです。

 

具体的なフォロ―数の目安

簡単な目安としては、

  • フォロワー数100人に達するまで、1日に20人
  • フォロワー数100人越えた後、1日に30人
  • フォロワー数500人越えるまで、1日に40人
  • フォロワー数1000人越えた後、1日に50人
  • フォロワー数2000人越えた後、1日に70人
  • フォロワー数3000人越えた後、1日に100人

 

上記の値を見てもらえばわかるかと思いますが、フォロワー数が2000人を超えるとアカウントが強くなり、対象の無茶にも耐えることが出来るようになります。なので、Twitterで集客してアフィリエイトをする場合は、まず2000人に到達することが重要となるんですね。

 

上記の値はかなり安全な目安となっていますので、よりスピードを速めたい場合、フォロワー数を多くすることも可能にはなるかと思います。もっと安全にTwitterアカウントを育てたい場合、上記の数から、10マイナスしてもいいかと思います。

 

ただ、フォローする際、リフォロー率が高いアカウントを選択しなければフォローが無駄な行為となりますので、よりリフォロー率が高いアカウントを狙った行動が重要となりますね。

 

これらの作業を手作業でこなすとなると、かなりの作業量となります。なので無料で実践していきたい場合、フォロー系のツールを使いフォローしていく必要があります。ただ、アカウントが増えてくると難しい、凍結の恐れがあるなどデメリットがあります。

 

また、有料ツールの場合、自分のアカウントの状況によって自動でフォローする数を設定することが出来ますので、全て自動でこなすことが出来るんですね。また複数のアカウントも全て一元管理することも出来ます。

 

ただ、将来性を考えると、ツールの活用ももちろん重要ですが、有意義なツイートを行い、呟きにてフォローを集めることが出来るアカウントを作成することが出来れば、凍結やスパム判定を受ける心配が無く大きく育つアカウントになりますね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ