フォロー返しをして貰えるTwitterプロフィールの2つの書き方のコツ

ツイッターアフィリエイトを実践していて、最も重要となるのが、フォロワーになります。ここでのフォロワーとは、業者ではなく、アクティビティに活動しているツイッターユーザーのことをさします。ではフォロワー数を集めるためには、自分のツイートにより拡散して、フォロワーを獲得するか、フォローして、フォロー返しによって、フォロワー数を取得するのどちらかが有効な手段となります。

 

ただ、ツイートにより拡散することは、偶然的な要素も多く含まれるため、フォローして、フォロー返しによって、フォロワー数を取得するが基本になりますね。

 

 

フォローされた際に、フォローを返す判断をする大きな要素としては、プロフィールによります。この記事では、フォローしたさいに、フォロー返しをしてもらいやすいプロフィール作り方を解説していきます。

 

共感を得るプロフィール

ツイッターにて、フォローしてきたとしたら、どうしてフォローしてきたのか理由が気になるかと思います。その理由として位置付けやすいのが、その人との共通点です。

 

つまり、共通点があるからこそ自分と繋がりたいと思ったと向こうにとって思ってもらいやすいのです。なので、相手に共感を持ってもらうことが重要になります。なので、プロフィールには、「趣味や仕事、住んでいる所、好きな音楽、好きな芸能人」など共感を持ってもらえる可能性があるものを多く記載する方が相手にとっても共通点を見つけてもらいやすくなり、共感、親近感を持ってもらいやすくなり、フォローを返してもらいやすくなります。

 

ただ、ジャンルが狭すぎたり、広すぎることを書きすぎると共感を持ってもらうことができなく、「どうして自分のことをフォローしたんだろう」って思われてしまいます。通常のユーザーの場合、フォローしてもらう確かな理由が欲しいのです。

 

極端ですが、プロフィール欄に「好きなスポーツはクリケットです。好きな音楽は行進曲になります。」ではかなり狭まれてしまいますし、一方「スポーツ全般好きです。また音楽は、何でも聞きます」のようでは、逆に人物像が定まらないですね。そこのバランスを保って多くの人に共感を持ってらもらうプロフィール作成が大事です。

 

 

業者要素をなくす

ツイッターアフィリエイトを実践していると、つい「アフィリエイトで稼ぐことができる情報を教えます」のような、明らかな業者臭がするプロフィール作成をしている人がいます。まずこのようなアカウントでは、危険性が高いです。ツイッターユーザーがツイッターにて利用している本来の目的はコミュニティの場を楽しむためにいます。なので、このようなプロフィールからフォローがあったら、即業者だと思い、ブロックやスパム報告をされて凍結の原因ともなってしまうのです。

 

なので、あくまでも一般ユーザーを演出する必要があります。もし、このようなビジネス要素を含むプロフィールを作成する場合、ビジネス的なキーワードは抽象化をはかり、万人に受け入れてもらいやすいワードにしましょう。そのことについては、「ツイッター(Twitter)アフィリエイトで正しいプロフィールの書き方」にて具体例を踏まえ詳しく記載しているので、ご覧いただければと思います。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ