ツイッターアカウントが凍結・ロックされない為、された際の対策方法

ツイッターアフィリエイトをしているなら、恐れている自体として、凍結されることが上げることが出来るかと思います。他には、ツイッター運用が上手くいかない、ロックされることも厄介ですね。このロックに対する対処を誤ってしまうと、ロックから凍結に移行してしまうことは多くあります。

 

では、この記事では、ツイッターを運用していて、凍結やロックがされにくい方法やロックされた際に、スムーズな再運用について解説していきます。

 

アカウントロックされた際の対策方法

まず、ロックとはアカウント画面にロックが掛かる症状の事を指していて、ツイッターアカウント管理画面にて操作をすることが出来なくなってしますのです。しかし、このロックは凍結と違い簡単に解除することができる特性を持っています。しかしこのロックとは、凍結ギリギリの状態と思ってもらって間違いありません。

 

このロックされた状態で、放置をしているといつの間にか凍結されることがあるのです。なので、ロックをかけられてしまったら、放置をするのでは無く、まず第一にロック解除を行いましょう。解除は電話番号申請やメールアドレス申請などで比較的簡単に解除が可能になります。

 

しつこいようですが、ロックされた解除を最初に行いましょう。ただ、ロックの解除を行ったら、すぐにロック掛けられる前の運用方法を実行していると、再度ロックを掛けられたり、最悪凍結されてしまう恐れがあります。

 

ロックを解除した後、すぐにアカウントを活動させることなく、10日程経っての運用が安全性が高いです。ツイッターのシステムにてロックの解除後は監視が厳しいのが現状なので、この行為は重要となります。

 

では、凍結やロックになりにくく、すぐに出来る対策方法についてに移ります。

 

凍結やロックをされない為の3つの対策方法

凍結やロックにまず前提としてされない為の方法を解説します。ツイッター側の運用もかなり変わってくるので、絶対はありませんが、凍結やロックされてしまう確率を下げることが出来る方法となります。

 

1日のフォロー人数の制限

1日のフォロー人の数が多くの原因を占めていると考えられます。アカウントの育ち状況にもよるのですが、1日にフォローする人数がある一定数より遥かに多い場合、スパム判定として下される恐れがあります。この数字に絶対はなく、ツイッターの方でも明確に情報を提示していません。

 

 

Twitterで凍結されてしまう1日のフォローの上限数と具体的な目安」の記事でも1日のフォロー人数の制限についてまとめているので、参考にしてください。

 

Gmailで開設する

ツイッターアカウントを作成するなら1つに1つのメールアドレスが必要になります。その際に、Yahooメールやエキサイトメール、Gmailなどいろんなアドレスを無料で取得することが出来ます。その際に、Gmailにてアカウント開設を行うことが重要になります。

 

ツール運用と言う、同じ環境でツイッタ―アカウントを稼働させていたのですが、エキサイトメールアドレス、Yahooメールアドレスにて開設されたのはロックされたのですが、Gmailののみロックされないと言う、事例が多くあるのです。Yahooメールを開設するのは、本当に手軽で簡単です。ツールで一気に大量のアドレス作成をすることが出来る物も多く市場に販売されています。

 

しかし、Gmailの場合、新規のアカウント作成が面倒なので、その分スパム利用が少ないことから、ツイッターサイドからも評価が高いのだと思います。

 

通常のツイートをしっかりと呟く

まず、ツイッターをアフィリエイト目的で運営している人は、アフィリエイトリンクが付いているツイートばかり呟く傾向がります。そのようなツイートばかりだとかなり危険性が高いです。なので通常のツイートもしっかりと混ぜることは重要です。また、アフィリエイトのリンクを直接呟いている人もかなり危険性が高いです。その場合、大手の短縮URLサービスを活用して呟くことが危険性を低くします。

 

また、レビューページなどにリンクを誘導して、そこからアフィリエイトしたい商品の案内をする方が安全性は高くなりますね。

 

まとめ

ツイッターアフィリエイトにて凍結やロックを絶対にされない方法はツイッターをアフィリエイト目的で運用する際には、ないかと思います。しかし、凍結やロックをされない為の対策をしっかりと行う事で凍結する確率を大きく下げる事が出来るのは確かでです。

 

ツイッター側の規制も変動しているので、Googleアルゴリズム同様に、ツイッター規制についても常に考察する必要がありますね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ