ツイッターアフィリエイトでのサブアカウントの有効的な活用方法

ツイッターアフィリエイトを実践するなら、ツイッターアカウントを複数持つことは基本です。そして、ツイッターアカウントにそれぞれの役割を振り分ける事が出来ている人はより多く稼ぐ事につながることかと思います。そこでツイッターアカウントでは、直接キャッシュ等に係ることが多いアカウントをメインのアカウントして、拡散目的として運営しているアカウントをサブアカウントと分けることが重要です。

 

この記事では、サブアカウントした位置のアカウントの運営方法や活用方法について解説していきます。この方法では、ツイッター集客力を大きくする方法となります。

 

サブアカウントでは、botとして運営する方法やツイートして運営するなど考えることが出来ます。しかし、サブアカウントの役割としては、拡散するためのアカウントとして置いておくことが重要なので、BOTとした方が作業としても効率的であるかと思います。

 

そして、サブアカウントでは、メインアカウントでツイートして、拡散した情報の時に、サブアカウントによってリツイートを行いメインのツイートの情報をより拡散していくのです。例えば、下記の4つのアカウントを所持していたとしたら、

 

サブアカウント

  • 感情系BOT:フォロワー数5000人
  • 音楽系BOT:フォロワー数5000人
  • 知識系BOT:フォロワー数5000人
  • ゲーム系BOT:フォロワー数5000人

 

通常メインアカウントでツイートした場合、フォロワーが1000人しかいない場合、1000人にしか情報が伝わらないのが、サブアカウントによってリツイート拡散をすることにより、21000人の人に情報を伝えることが出来るのです。

 

メインアカウントの発信情報の性質にもよるのですが、通常なにかのジャンルに特化した物となることかと思いますので、どうしても多くのフォロワーを集めることが難しいのです。これは、ツイッターツールを駆使したとしても、万人受けするジャンルでない限りは制限されてしまいます。

 

 

そこで、万人受けするようなジャンルを発信しているサブアカウントによって多くのフォロワーを集めて拡散(リツイート)をすることによりより多くの人に見てもらう事が出来るのです。ただ、サブアカウントのボットも同じような情報内容(リツイート)を発信していては不自然でおかしく思われます。

 

なので、必ずこのサブアカウントからの発信は複数所有してそれぞれ分散するにして自然さを保つことが重要です。そのためにはサブアカウントを多く所有していないといけませんね。また、BOTにかんしても拡散した情報を複数作成して情報発信することで、より自然となり高い拡散効果が生まれることとなるかと思います。

 

このような方法をバイラル戦略とも言います。このノウハウに長けているのが、フォローマティックxyですね。この情報拡散のノウハウとツイッターアフィリエイトで危険とされている凍結対策に強いツールがセットであるフォローマティックは、この戦略によってツイッターアフィリエイトをより最大効果をもたらすメソッドとなっています。

 

ツイッターツールがあれば、ツイッターの一番の弊害である、フォロワーを増や事はツールによって自動化してくれるので、作業の大半がツールによってまかうことが出来るので、ツイッターアフィリエイトを実践するなら、一つ所有しているのが望ましいでしょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ