ツイッターでの情報商材アフィリエイトで効果的な「呟き・BOT」の方法

ツイッターアフィリエイトを実践していると、メインアカウント、サブアカウント等アカウントによって、つぶやきと、ボットと分けるケースがあるかと思います。メインアカウントでは呟きをメインにして、サブアカウントの場合、ボットを中心にする等多いかと思います。

 

その際に、どのようなつぶやきが効果的なのか、どのようなBOTが反応率が高いのかなどをこの記事では解説していきます。

 

反応率が高く効果的となるつぶやき方法

ツイッターは一般的には、現在の状況を伝えるツイートだったり、毎日の日常の事、外食、旅行などの写真などのツイートがほとんどだと思います。しかし、ツイッターアフィリエイトとして、稼ぐためにツイートするならそのようなツイートではいけません。

 

そのような情報をツイートしたところで、誰かに価値ある情報を伝えることはできませんし、他の人とのコミュニケーションをとることも出来ないのです。

 

ツイッターと言えばそのような使用目的がほとんどかもしれませんが、アフィリエイトなどビジネスとしてつぶやくのでしたら、価値ある情報発信をすることが重要となります。他にも、他のアカウントと絡んでいく事も一つの手段とも言えます。

 

ソーシャルコミュニケーションという性質上、人と連絡を取りあう事も重要な要素の一つとなるんですね。連絡を取り合うことで、相手の人も信用性が上がり、接しやすい人物像を作りだすことが出来ます。また、価値ある情報発信をきちんとすることができるのでしたら、それは、リーダーやキャプテン的な人物像を作り出すことが出来るのです。

 

ただ、上記の場合ツイッターアフィリエイトをする際に、無料系のオファーをキャッシュポイントとしている人や物販アフィリエイトをキャッシュとしている場合は、あまり有効とは言えない物と言えます。ここでの解説は特に、情報発信によるアフィリエイトをする場合に有効とされます。

 

もし、ただ気軽に絡んでいる友達関係なら、価値ある情報に対してもお金を払う感覚は一切ないかと思います。こういう関係性も情報商材アフィリエイトに繋げるためのツイッター活用なら考えないといけないのです。

 

ツイッターで情報商材アフィリエイトする際の戦略・思考

ツイッターを利用している人ならわかるかと思いますが、ツイッターには違うアカウントから同じ文章であるダイレクトメッセージを送ってきたり(同一行為)、アフィリエイトリンクとなるもの、ボットとしてずっとツイートしているアカウントがあったり、ツイッターアフィリエイトする方法がスパム手法の人が多くいます。

 

このような、背景からも、ツイッターを利用している人の目も肥えてきていますし、なにより道徳的にもひどい行為が多くあるのでツイッター利用者も稼ぐ系の話には、警戒心が高いです。なので、その人達とは違った情報をしっかりと配信することが出来る為の、知識や思考、内容を相手にしっかりと発信していかないといけないのです。

 

これが出来ない限りは、ツイッターで情報商材アフィリエイトで成功することはありません。ブログやサイトのみにて情報発信をしているだけでは、本当にもったいないです。ツイッターを活用することで物凄い拡散力と多くの人に情報を発信することが出来るのです。

 

なので、情報発信をしっかりと行うことが出来る呟きが可能ならツイッターは必須のツールと言えますね。

 

 

ツイッターアフィリエイトで有効的なbot作成方法

ツイッターアフィリエイトをする際に、有効的なつぶやきを解説してきましたが、ここでは、効果的なボットを作成するにはどのようにすればいいのかを解説していきます。BOTは基本的に、サブアカウントにて拡散目的の為に作成されることが多いかと思います。

 

実質BOTの大きな目的はフォロワーを増やすことにあるかと思っております。では、フォロワーを増やすためのBOTとはどのように作ればいいのかと言いますと、ツイッターを利用している人が興味を持つ内容を発信するBOTを作成すればいいのです。

 

フォロワーとなりやすいボットで配信する情報の種類はいくつかありますが、ここでは代表的な3種類を紹介していきます。2種類とは「感情系、知識系」の2つですが、それぞれどのようなものなのかを紹介します。

 

感情系

この感情系はフォロワーを増やすためのBOTとしてはかなり王道的な種類に当たるかと思います。感情系とは、笑い、感動、悲しみなどの人の心を動かす内容ですね。

 

例えば、面白いネタからリツイートしたり、ネタ画像をツイートしたり、感動するような事をツイートしたり、等することで拡散しやすくなりますし、フォローされやすい情報となります。しかし、ここでフォローしてくれる人には、スマホアプリ系の案件だったりする情報を発信する場合には、かなり有効とされますが、ここから直接情報商材アフィリエイトをするのは、無謀ですし反応率がめちゃくちゃ低い結果となってしまいます。

 

 

なので、もし情報商材アフィリエイトに繋げるなら、ライティングページに誘導してメルマガにてリストをとり、教育を1からしていくような情報発信が必要になります。それにしても難しいので、フォロワーを集めて拡散をするには有効な種類となりますが、このジャンルは情報商材アフィリエイトには不向きと言えるかと思います。

 

知識系

この知識系は、かなりフォロワーを集めることがしやすいジャンルと言えます。豆知識、雑学、名言、等人がそれを聞いて「へ~」と感心を持ったり、目新しい系の情報等があたります。検索にて「名言」「日常 豆知識」「意外としらない事実」などこのようなジャンルに当たる情報は簡単に取得することが出来ます。

 

このようなジャンルでの、キャッシュポイントは物販アフィリエイトや無料系アフィリエイトも有効となりますが、情報商材アフィリエイトにも上記のジャンルよりは、反応率が高いです。

 

まとめ

ツイッターでの情報商材アフィリエイトで効果的な「呟き・BOT」について解説してきましたが、メインアカウントでは、つぶやきをしっかりと行い、サブアカウントにてボットにてつぶやきを行う方法が扱いやすいかと思います。

 

ボットでフォロワーを多く集めて、メインアカウントでのツイートをサブアカウントにてリツイートするなど拡散を図り、価値ある情報をより発信していき、多くの人に見てもらいそれらの情報に興味を持ってくれた人により価値ある情報を提供していく事で自然と収益につながることが出来ます。

 

アフィリエイトを実践するなら、ツイッターを活用した方が結果的に何倍も収益が上がるのでツイッターを使わない手はないですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ